。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜+ ゜。.★・”,。:’* + ☆°・                  
  オープンハウスの実行委員会募集中!詳細は事務局まで
あなたもご参加ください
   ’:★ ,* +゜. ☆。.: ’* :・* + ゜。.★・”,:★ ,* +゜. ☆。.: ’* :・* + ゜。.★・”,。:’* + ☆°・。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆

2017年04月21日

バングラデッシュ・ジョイランクーラ村のドクター

葉桜が目立ち、一気に新緑の季節に向かうAHIに、今日、
バングラデッシュ北部の少数民族ガロが多く住む
ジョイランクーラ村から、ドクターがお越しになりました。
どこまでも響き渡るバリトンな声音に、
AHIオフィス全体が包まれたひととき。

彼は、バングラデッシュのジョイランクーラ村のキリスト教の病院の院長。
インドとの国境まで5-6キロに位置するこの辺境の村の患者さんたちは、
ほとんどがイスラム教徒だそうです。
それはそのはず。バングラデッシュの全人口の80%以上を占めるイスラム教徒。
キリスト教徒はほんの数%。
そんななかでも、イスラム教を信じる患者さんたちにとって、
このキリスト教病院はなくてはならない貴重な病院で、
全幅の信頼を寄せられている、というお話が新鮮でした。

日本とのつながりは長く、現在も日本人女性の宣教師で
総合医であるドクターが常駐し、彼女とともに月100以上の手術をこなし、
村人たちの命を守っているそうです。

今朝、バングラデッシュから中部国際空港に降り立ち、
AHIを経由したのち、一路、桜満開の長野県小布施へ、
向かわれました。

熱心に支援し続けてこられた日本人ドクター
を偲ぶ会〜メモリアル〜in小布施に出席の為、来日した院長&事務局長。

ガロ民族の方との出会いははじめて。
とっても情に熱く、エネルギッシュな二人でした。

バングラデッシュの風と力強いバリトン声に包まれた、
AHIの午後のひとときでした。

職員A
IMG_7105.JPG
posted by 今日は私 at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする